建築費用や諸手続きの費用もかかる!

夢のマイホームを手に入れる

誰にとっても夢の存在であるマイホームですが、マイホーム購入の中でも最高峰と言えるのが、注文住宅によるマイホーム購入です。一般的な建売の一戸建て住宅は売り主の感覚や利益などを計算した上で建てていきます。しかし、注文住宅の場合は、設計の段階から施主の希望をそのまま形にしていきますので、施主の想い通りの家が完成します。その分、建売の一戸建て住宅を購入するよりも、費用は何割り増しかでかかってくるのが一般的です。ですから、注文住宅でマイホーム購入を検討している人は、できるだけ多くの頭金やその他諸費用もかかってくるので、蓄えておきましょう。また、どんな費用がかかってくるのか、事前に確認しておくことも大切です。

さまざまな費用がかかる

注文住宅を建てるにあたりかかる費用は、土地代と注文住宅代と諸費用です。また場合によっては、建築にあたりデザイン料等が発生することもあります。もちろん、親から譲り受けた土地があれば、土地代はかかりませんので注文住宅購入でもだいぶ費用を抑えることができるでしょう。デザイン料はどこに依頼するかによって大きく変わりますので、事前の確認が必要です。こうしてみると、費用が建売一戸建て住宅に比べると、注文住宅はかかってくるので、建売一戸建て住宅で十分と考える人もいるでしょう。しかし、施主の希望通りの家が完成するのが注文住宅ですから、とても生活しやすい家を手に入れることができます。また、見た目も豪華な家を作ることができるでしょう。基本的に一生に一度の大きな買い物になるので、とことんこだわりを追求したいところです。

建売住宅は、購入前に住宅の見学ができるのはもちろん、住宅展示場でハウスメーカーの担当者に話を聞けるといったメリットがあります。